公開日:|更新日:

【2024年】奈良県の蓄電池補助金情報

奈良県内で蓄電池を設置する際、利用できる補助金制度について解説していきます。決して安価ではない蓄電池。補助金制度が利用できるのかを確認するのをおすすめします。

三郷町創エネ・省エネシステム普及促進事業補助金

奈良県三郷町では、地球温暖化の防止及び災害に強い自立・分散型エネルギー社会の構築に貢献するため、創エネ・省エネシステムを住宅等において活用される方に対して「三郷町創エネ、省エネシステム普及促進補助金」を提供しています。

電子メール、インターネットでの申請は受け付けておりません。 詳しい内容は、住環境政策課の窓口にてご確認お願い致します。

太陽光・風力等による再生可能エネルギー発電システム

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

家庭用リチウムイオン蓄電システム

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

家庭用燃料電池システム(エネファーム)

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

V2H(ビークル・トゥ・ホーム)システム

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

参照
奈良県三郷町公式HP(補助対象システムの補助条件(交付対象者)及び補助金額 )
https://www.town.sango.nara.jp/uploaded/attachment/6048.pdf

生駒市創エネ・省エネシステム普及促進事業補助金

生駒市では、2050年の脱炭素社会の実現に向けた民生部門における二酸化炭素の排出量削減を推進するため、創エネ・省エネシステムの設置費用の一部を補助しています。補助対象となる組み合わせによって補助金額が異なります。

申込開始日は令和5年5月15日(月曜日)~令和6年3月29日(金曜日)
※2024年3月1日時点の情報です。現在は終了している可能性がございますので、詳細は公式サイトをご参照ください。

太陽光発電システム

補助対象システム

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

家庭用リチウムイオン蓄電システム

補助対象システム

補助対象者

補助対象システムを自ら所有し又は居住する住宅(ただし、居住する場合は生駒市内に住民登録があり、住民登録地と同一であること)に、令和5年4月1日以降に設置した者で、次のいずれかに該当するものとする。

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

V2H

補助システム

補助対象者

補助対象システムを自ら所有し又は居住する住宅(ただし、居住する場合は生駒市内に住民登録があり、住民登録地と同一であること)に、令和5年4月1日以降に設置した者で、次のいずれかに該当するものとする

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

HEMS

補助対象システム

補助対象者

補助対象システムを自ら所有し又は居住する住宅(ただし、居住する場合は生駒市内に住民登録があり、住民登録地と同一であること)に、令和5年4月1日以降に設置した者で、次のいずれかに該当するものとする

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

参照
奈良県生駒市公式HP
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000021137.html

橿原市太陽光・蓄電池設備設置補助制度(橿原市エコライフハウス推進事業)

奈良県橿原市では、環境への負荷を軽減し、持続的発展が可能な循環型社会をつくるため、エコライフハウス設備の設置者に対して「橿原市太陽光・蓄電池設備設置補助制度(橿原市エコライフハウス推進事業)」を提供しています。

※令和5年度予算の上限に達しましたので受付終了しています。

住宅用太陽光発電システム設備設置補助制度

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

区分 補助金額
1kW以上~2kW未満 20,000 円
2kW以上~3kW未満 40,000 円
4kW以上~5kW未満 60,000 円
5kW以上~10kW未満 80,000 円
1kW以上~2kW未満 100,000 円

定置用リチウムイオン蓄電池設備設置補助制度

補助対象者

これらを満たした場合、申請すれば補助金を受け取ることが可能です。

補助金額

参照
奈良県橿原市エコライフハウス推進事業公式HP
https://www.city.kashihara.nara.jp/soshiki/1029/gyomu/2/6/1790.html

スマートハウス普及促進事業

奈良県では、緊急時のエネルギー対策や省エネルギー性を高めるための設備を設置する経費を補助するスマートホーム普及促進事業を提供しています。

※南部東部地域とは、五條市、御所市、高市郡(高取町、明日香村)、吉野郡(吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、 野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村及び東吉野村)、宇陀市、山辺郡(山添村)、宇陀郡(曽爾村及び御杖村)を指します。

※令和5年度の募集は終了しています。

定置用リチウム蓄電池

補助対象者

補助上限金額

家庭用燃料電池(エネファーム)

補助対象者

補助上限金額

太陽熱利用システム(自然循環型・強制循環型)

補助対象者

補助上限金額

ZEH設備

補助対象者

補助上限金額

参照
奈良県スマートハウス普及促進事業公式HP
https://www.pref.nara.jp/43555.htm

ZEH補助金制度

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、略してZEH(ゼッチ)とは、太陽光で発電した電力と、住宅で消費する電力の収支が±0になる、あるいは発電量の方が多いものを指します。国はこのZEHを推進しており、基準を満たす新築住宅やリフォームに補助金を交付しています。ZEH補助金には、さらにZEH+、ZEH+Rという基準があり各基準によって、補助額が変わってきます。

令和4年ZEH支援事業<追加公募>の申請受付は終了しています。※2024年3月1日時点の情報です。

ZEH支援事業

ZEH

ZEHは1戸あたり55万円が交付されるもので、さらに蓄電システムに対し2万円/kWh、補助対象経費の1/3または 20万円のいずれか低い額が追加で補助されます。詳しい要件や補助対象住宅、補助対象者などは公式HP参照してください。

         
区分ZEH
申請対象者 ・新築住宅を建築・購入する個人
・新築住宅の販売となる法人
対象となる住宅 ・ZEH
・Nearly ZEH(寒冷地、低日射地域、多雪地域に限る)
・ZEH Oriented(都市部狭小地野二階建て及び多雪地域に限る)
交付要求の主なポイント ・戸建住宅のおける「ZEH」の定義を満たしていること ・SIIに登録されているZEHビルダー/プランナーが関与(建築、設計または販売)する住宅であること
補助金額 55万円/戸
*補助金額 ・補助対象住宅に蓄電システム(定置型)を導入する場合は2万円/kWh、補助対象経費の1/3または20万円のいずれか低い額を加算 ・直交集成板(CLT)、地中熱ヒートポンプ・システム、PVTシステム、液体集熱式太陽熱利用システムを導入する場合、補助額を加算
公募方法 先着順

ZEH+

ZEH+は、売電のみを前提とせず創エネルギーの自家消費を意識した再生可能エネルギーの促進に係る措置を、いくつか導入することが選択要件と課されています。「ZEH+の選択要件」は、外皮性能の更なる強化・高度エネルギーマネジメント・電気自動車(プラグインハイブリッド車を含む)を活用した自家消費の拡大措置のための充電設備、または充放電設備のうち2つ以上の導入する必要があります。


区分 ZEH+
申請対象者 ・新築住宅を建築・購入する個人
・新築住宅の販売となる法人
対象となる住宅 ・ZEH+・Nearly ZEH+(寒冷地、低日射地域、多雪地域に限る)
交付要求の主なポイント ・戸建住宅のおける「ZEH」の定義を満たし、かつ、以下のⅠ、Ⅱを満たすこと
Ⅰ.さらなる省エネルギーの実現(省エネ基準から25%以上の一次エネルギー消費削減)
  Ⅱ.以下の再生可能エネルギーの自家消費拡大措置のうち2つ以上を導入すること
(外皮性能のさらなる強化・高度エネルギーマネジメント・電気自動車を活用した自家消費の拡大措置のための充電設備または充放電設備)
・SIIに登録されているZEHビルダー/プランナーが関与(建築、設計または販売)する住宅であること
補助金額 100万円/戸
*補助金額 ・補助対象住宅に蓄電システム(定置型)を導入する場合は2万円/kWh、補助対象経費の1/3または20万円のいずれか低い額を加算・直交集成板(CLT)、地中熱ヒートポンプ・システム、PVTシステム、液体集熱式太陽熱利用システムを導入する場合、補助額を加算
公募方法 先着順

参照
経済産業省と環境省のZEH補助金について(環境共創イニシアチブ公式HP)
https://sii.or.jp/moe_zeh05/uploads/zeh05_pamphlet1.pdf

参照
ZEH事業支援事業公募要領<個人申請編>(環境共創イニシアチブ公式HP)
https://sii.or.jp/moe_zeh04/uploads/R04ZEH_moe_kouboyouryou_kojin_add.pdf

良心価格×信頼度で選ぶ
奈良県でおすすめの蓄電池会社3選
陽幸
陽幸のキャプチャ画像
画像引用元:株式会社陽幸(https://www.yo-kou.co.jp/)
正規代理店
パナソニック
シャープ
長州産業
補助金代行
アフターフォロー
無料点検(3か月)
施工保険(15年)
自然災害補償(15年)
イーエスエヌ
イーエスエヌのキャプチャ画像
画像引用元:イーエスエヌ株式会社(https://esn.jp/business_solar)
正規代理店
京セラ
補助金代行
アフターフォロー
無料点検(1年)
森下組
森下組のキャプチャ画像
画像引用元:株式会社森下組(http://www.morishitagumi.com/)
正規代理店
シャープ
補助金代行
アフターフォロー

※蓄電池のメーカーランキングで、シェア率が高い9社のうち、正規代理店を公開している「シャープ」「パナソニック」「京セラ」のいずれかの正規代理店で、奈良県に本社がある地域密着型の3社をピックアップしています(2020年6月時点)。また、保証・補償の内容はプランや条件により異なります。

参照元:蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真実に迫る - エコの王様(https://eco-ousama.com/blog/蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真/