公開日: |最終更新日時:

蓄電池のメリット・デメリット

蓄電池のメリットとデメリットを紹介します。効率的に電気を使えるといったメリットと、導入コストや設置スペースが必要になるといったデメリットを比較して購入を検討してみてください。

蓄電池のメリットとは?

蓄電池には、つぎの3つのメリットがあります。

  • 太陽光発電で電力を貯めておける
  • 夜間の電力を活用できる
  • 災害時にも電気を使える

太陽光発電で電力を貯めておける

蓄電池は、太陽光発電と連携しているものが多いです。太陽の光エネルギーを太陽電池により電気に変換して蓄電池に貯めておき、好きなときに電気を使用することができます。余った電気を売ることも可能です。太陽光発電システムに後付けできる蓄電池もあれば、一体型のものもあります。

夜間の電力を活用できる

ほとんどの電力会社は、需要の多い昼間の電気を高くして、需要の少ない夜間の電気を安く設定しています。蓄電池を導入した場合、電気料金が安い夜間の電気を貯めておいて日中に使うことが可能です。蓄電池を購入する際には、電気料金のプランもチェックすることをオススメします。

災害時にも電気を使える

災害が起きて停電してしまったときにも、蓄電池があれば電気を使えます。地震や集中豪雨が頻発していますが、蓄電池があれば「まったく電気が使えない」という状態を避けることが可能です。
災害対策に関して、蓄電池には2種類あります。家全体に電気をまかなえる「全負荷型」とあらかじめ設定しておいた一部のエリアに電気を供給する「特定負荷型」です。

蓄電池のデメリットとは?

蓄電池のデメリットには、つぎの3つが考えられます。

  • 導入コストがかかる
  • 設置スペースが必要になる
  • 経年劣化してしまう

導入コストがかかる

蓄電池を使用するには、導入コストが必要。蓄電池の本体価格は、安い製品で44万円、高い製品だと245万円程度です。加えて、設置費用や工事費用もかかります。導入後に電気を効率的に活用でき、停電時にも電気を利用できるといったメリットと比較して、購入を検討するとよいでしょう。
また、国や各地方自治体が補助金制度を提供しています。蓄電池を購入を検討する際には、ぜひ補助金もチェックしてみてください。

設置スペースが必要になる

蓄電池を設置するには、スペースを確保しなければなりません。大きさは、エアコンの室外機1〜2台分程度です。蓄電池は湿度と高温に弱いため、多湿でない場所や熱がこもりにくい場所に設置する必要があります。

経年劣化してしまう

蓄電池は電気を貯められるとはいっても、永久に使えるわけではなく寿命があります。充電と放電を繰り返すうちに劣化してしまうのです。耐用年数は10〜15年の製品が多いですが、なかには30年程度の製品もありますので、販売会社に相談してみてください。

参照元:リベラルソリューション(https://www.liberal-solution.co.jp/column/?id=1614844771-623653)

良心価格×信頼度で選ぶ
奈良県の蓄電池会社3選
陽幸
陽幸のキャプチャ画像
画像引用元:株式会社陽幸(https://www.yo-kou.co.jp/)
正規代理店
・パナソニック
・シャープ
・長州産業
補助金代行
アフターフォロー
・無料点検(3か月)
・施工保険(15年)
・自然災害補償(15年)
イーエスエヌ
イーエスエヌのキャプチャ画像
画像引用元:イーエスエヌ株式会社(https://esn.jp/business_solar)
正規代理店
京セラ
補助金代行
記載なし
アフターフォロー
無料点検(1年)
森下組
森下組のキャプチャ画像
画像引用元:株式会社森下組(http://www.morishitagumi.com/)
正規代理店
シャープ
補助金代行
アフターフォロー
記載なし

※蓄電池のメーカーランキングで、シェア率が高い9社のうち、正規代理店を公開している「シャープ」「パナソニック」「京セラ」のいずれかの正規代理店で、奈良県に本社がある地域密着型の3社をピックアップしています(2020年6月時点)。また、保証・補償の内容はプランや条件により異なります。
参照
蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真実に迫る(エコの王様)
(https://eco-ousama.com/blog/蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真/)