公開日: |更新日:

太陽光発電と蓄電池は併用した方が良い?

既に太陽光発電システムはあるけれど蓄電池はまだ設置していない方、あるいはこれから太陽光発電を導入しようと検討している方は、蓄電池も一緒に設置するのがオススメです。その理由は、太陽光で発電したエネルギーを蓄電池に充電しておけば、夜間でも、天候の悪い日でも、貯めておいた電力を好きなタイミングで利用することができるからです。

こちらでは、蓄電池を併設するメリットと後から蓄電池を設置する方法などを紹介していきます。

太陽光発電と蓄電池を同時に導入するメリット

災害・停電時の非常用電源として使用できる

日本は地震や台風などの自然災害が多く、停電が起こりやすい傾向があります。しかし、太陽光発電システムと蓄電池を設置した住宅であれば、停電時でも貯めておいた電力を各部屋にあるコンセントから使用できるのがメリットです。

ちなみに太陽光発電システムだけ設置している住宅の場合も日中であれば使用できますが、夜間から明け方までは利用できません。また、一部のコンセントからのみ電気が使える仕組みになっているため、停電時にはそのコンセント以外から電力を取り出すことができなくなります。

電気代を節約できる

太陽光発電システムで創られた電気は自家消費ができますし、余剰電力は売電することができ電気代が節約できます。しかし、太陽光発電システムだけでは電気を貯めておくことができないため、売電せずに余ってしまった電力は無駄になってしまいます。

蓄電池を併設すれば、夜間や天候の悪い日にも蓄電した電力が使えるため、電気代をさらに節約できるようになるのがメリットです。

卒FIT後も電力を活用できる

FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度:Feed-in Tariffの略)は、再生可能エネルギーで発電した電気を一定期間電力会社が買い取ってくれる制度のことです。設置されている太陽光発電(10kW未満)のFIT認定期間は10年間となっており、それを過ぎると今までのように高値で買い取ってもらうことはできません。

卒FIT後向けの電力買取プランもありますが、今までのFITより安い設定になります。そのため、売電収入よりも蓄電池を設置して、全量自家消費へ切り替えた方が家計にとって魅力的です。

蓄電池をより有効活用できる

太陽光発電と蓄電池を同時に導入できれば、太陽光発電で創られた電力を蓄電池に供給でき、電力消費が高い時間帯には蓄電池と太陽光発電の両電力を活用して電力料金の負担を軽減することができます。それぞれ単独に導入するよりも、経済効果が高くなるのがメリットです。

蓄電池を後から設置することはできる?

蓄電池を後から設置することはできます。ただし、後付けには太陽光発電システムで創られた電気の流れを変換したり、蓄電するためのシステムと接続する「パワーコンディショナ(通称パワコン)」の設置が必須条件となります。

蓄電池+蓄電池用のパワーコンディショナを後付けする方法

従来タイプの蓄電池を後付けする場合、太陽光発電システムと蓄電池のそれぞれに適応する2台のパワコンが必要です。太陽光発電と蓄電池用のパワコンには、それぞれ次のような役割があります。

  • 太陽光発電システム用のパワコン:直流電流を交流電流へ変換する役目
  • 蓄電池用のパワコン:変換された交流電流を蓄電のために再度直流電流へ変換する役目

この従来タイプの蓄電池は、2つのパワコン間で電力を送電するため変換効率が低下する可能性が指摘されています。

ハイブリット型のパワーコンディショナに取り換える方法

最近では、太陽光発電と蓄電池用の2つの役割をひとつのパワコンが担うハイブリッド型も登場しています。

ハイブリット型は、1台で太陽光発電からの電力変換・蓄電池への充電・放電などの機能を一括して行うことができます。2台のパワコン間が必要な従来タイプに比べて電力変換効率の損失も低くなるため、効率的に電力を利用できます。

また、場所をとるパワコンの設置スペースが1台分節約できることも高ポイントです。

良心価格×信頼度で選ぶ
奈良県でおすすめの蓄電池会社3選
陽幸
陽幸のキャプチャ画像
画像引用元:株式会社陽幸(https://www.yo-kou.co.jp/)
正規代理店
パナソニック
シャープ
長州産業
補助金代行
アフターフォロー
無料点検(3か月)
施工保険(15年)
自然災害補償(15年)
イーエスエヌ
イーエスエヌのキャプチャ画像
画像引用元:イーエスエヌ株式会社(https://esn.jp/business_solar)
正規代理店
京セラ
補助金代行
アフターフォロー
無料点検(1年)
森下組
森下組のキャプチャ画像
画像引用元:株式会社森下組(http://www.morishitagumi.com/)
正規代理店
シャープ
補助金代行
アフターフォロー

※蓄電池のメーカーランキングで、シェア率が高い9社のうち、正規代理店を公開している「シャープ」「パナソニック」「京セラ」のいずれかの正規代理店で、奈良県に本社がある地域密着型の3社をピックアップしています(2020年6月時点)。また、保証・補償の内容はプランや条件により異なります。

参照元:蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真実に迫る - エコの王様(https://eco-ousama.com/blog/蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真/